NEWS
2022.08.15 [松本 央] "クロッシング”at 岡山天満屋 5階 美術ギャラリー

佐野曉 ”THE FOODS”
2022.09.06 (tue) - 2022.09.13 (tue)
OPEN 13:00~17:00
※最終日午後4時閉廊
※9月9日(金)10日(土)11日(日)Close
美味 美食
  食はただ味わうだけでなく、様々なかたちで私たちの暮らしを彩ってくれる。空腹を満たすだけではなく私たちの心を満たしてくれる食。 美しく、しかし食べれば消えてしまう儚い姿かたち、そんな散りゆく花のような存在を幾層にも磨かれ、甘くとろけてしまいそうな漆の姿に留めてみたい。

阿部瑞樹/宮本大地 Drwing Exhibition "Future”
2022.08.10 (wed) - 2022.08.19 (fri)
OPEN 13:00~17:00
※最終日午後4時閉廊
※8月12日(金)Close
阿部瑞樹と宮本大地の”Future”をテーマにしたドローイング展を開催いたします。

釜匠 solo exhibition
2022.07.09 (sat) - 2022.07.18 (mon)
OPEN 13:00~17:00
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。


八木佑介 「洛西ニュータウン」
2022.06.02 (thu) - 2022.06.12 (sun)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
1975年、洛西ニュータウンの入居が始まった。1950年代後半から京都市内でも人口増や工業化による乱開発が問題となっていた。そこでタケノコの農業地域として未開発のままだった京都市南西部において、民間に先んじて公的なニュータウン計画が行われた。市街地から遠い山沿いに立地した洛西ニュータウンであったが入居開始から5年で全戸数の60%が入居、最盛期には3万5000人だったものの、現在は若年層の流出に伴い22899人に減少する。当初は京都市営地下鉄東西線が延伸される計画であったが、財政難を理由に頓挫しており、1980年にこの地に移設された京都市立芸術大学は京都駅東部、崇仁地区の再開発事業により2023年、移転する。 現在、京都市において洛西ニュータウンが話題として触れられることはかなり少ない。かつての拡大指向からコンパクトシティと言われるよう都市像は転換していく。突如、山麓部の田園地帯に公共事業として誕生したこの街は激動の変遷を持つ。だが街を歩くと、それとは裏腹に、ごくごく一般的で普遍的な暮らしの風景が広がっている。そのようなこの街を私は記憶し、絵にしたい。

KOBE ART MARCHÉ 2022
2022.05.13 (fri) - 2022.05.15 (sun)
Room 1330 COMBINE / BAMI gallery
公庄直樹・岡部賢亮・太田夏紀
2022年5月13日(金)〜15日(日) 11:00~19:00
会場
神戸メリケンパークオリエンタルホテル13F
〒650-0042 神戸市中央区波止場町 5-6
現在、この展覧会は終了しています。
第13回目の開催となる「神戸アートマルシェ2022」は、例年の秋季開催から時期を移し、2022年5月13日(金)~15日(日)の会期で神戸メリケンパークオリエンタルホテルにて開催いたします。来場者やコレクターに多様な文化体験をもたらし、さらに今回からの取り組みとし、オンラインにおいても新たなマーケットを構築するプラットフォームの成立を目指します。尚、新型コロナウイルス感染拡大防止も徹底し開催いたします。