NEWS
2022.09.17 [Schedule] 宮本大地 ”MOBILICITY”

アートフェア東京2022 プレ展示
2022.03.02 (wed) - 2022.03.08 (tue)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
COMBINE/BAMI galleryはアートフェア東京 2022 に出展いたします!

今回はそのプレ展示になります。

ロビーギャラリー/ギャラリーズ 【ブースNO:L015】

出品作家:釜匠 小橋順明、宮本大地、岡部賢亮

※Worksページ公開中!順次新作をアップロードいたします!

↓↓↓クリック

https://artfairtokyo.com/2022/galleries/607

------------------

開催日時 2022年3月10日(木)−13日(日) 

★2022年3月10日(木)  プレスビューイング(11:00~) プライベートビューイング(12:00~)  ヴェルニサージュ(16:00~19:00)

★22022年3月11日(金) パブリックビューイング 11:00~19:00

★22022年3月12日(土) パブリックビューイング 11:00~19:00

★2022年3月13日(日) パブリックビューイング 11:00~16:00

会場:東京国際フォーラム
  ホールE/ロビーギャラリー
  東京都千代田区丸の内3-5-1
https://artfairtokyo.com/

松本央 Circulation
2022.01.22 (sat) - 2022.01.30 (sun)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
出会いというのは、人や物や時間や場所の巡り合わせによって起こります。 それが意図されたものなのか、偶然なのかは分かりません。 しかし、その積み重なった出会いが様々な方向に広がり、関係を結ぶことで人や社会を形作っているように私には思えます。 私には世の中の全てのことは分かりませんが、円形に切り取られた窓のような画面を通して私の見ている世界を覗いてみてください。

釜岡小宮展-Simulacre- 
2022.01.07 (fri) - 2022.01.14 (fri)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊
close 1/9.10.15.16
現在、この展覧会は終了しています。
新年第一弾企画になります。釜匠、岡部賢亮、小橋順明、宮本大地の4名によるグループ展です。

この4名の構成は3月開催のアートフェア東京2022出品作家陣となります。この年始のグループ展は、アートフェア東京2022への出陣式も兼ねており、Simulacreとは、アートフェア東京2022での当COMBINE/BAMI galleryブース展開内容のテーマとしております。

※Simulacreとは: シミュラークルとは、オリジナル(原本)対コピー(写し)という対立とは別の思考を促すものである。オリジナル対コピーとして認識のあり方を捉える限りでは、「コピー」は「オリジナル」の二次的派生物でしかない。しかし「コピー」が「オリジナル」とは別の秩序を生み出してしまうならば、「コピー」は「オリジナル」の単なる派生物ではない。芸術家は現実世界に生存し、そこから創作世界を紡ぎ出す。それはある意味、現実世界のコピー感覚を持ち込む。しかし、そこに表出された世界は、すでに現実世界のただ単なるコピーではなく、作品世界の中の現実世界として躍動し、見るものを魅了する。そのような感覚を企画内容の骨子に据えます。
~短編集~「うっかり食べてしまう」
小橋順明個展
2021.11.30 (tue) - 2021.12.15 (wed)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊
現在、この展覧会は終了しています。
3点の新作を発表します。 作品の中の物語を、短編集を読むように鑑賞していただけたらと思います。 一見関係ないように思える3つの物語は、同じ空間に広がる別の宇宙。 別の物語であると同時に全部で一つの物語でもあるのです。

ZERO HOUR
2021.11.11 (thu) - 2021.11.23 (tue)
OPEN 12:00~18:00
※最終日午後4時閉廊
close 11/19.20.21
現在、この展覧会は終了しています。
ZERO HOURとは、決定的瞬間を意味します。 軍事、特に第一次世界大戦で 予定攻撃開始時間に使用されたり、又ロケットなどの 予定発射時間、重大時期,決定的瞬間という意味になります。ZERO HOUR exhibitonとは0号という規格・既製における最小のサイズにて 自らにとってのZERO HOURの意味をそれそれが追求する展覧会です。 ▪出品作家:釜匠・八木佑介・宮本大地・佐野暁・公庄直樹・小橋順明・松本央・阿部瑞樹・太田夏紀・岡部賢亮